ブログ

若いから平気?実は若くても老眼になる可能性があるんです。

blog06_photo01

朝起きたらフェイスブック、ラインをチェックし、通勤中はスマホでネット。そして、会社では一日中パソコンに向かって仕事をこなす……という方は多いと思います。
これでは目が休まる時間がありません。このような生活を続けていると、若くても老眼が進行するという恐ろしい事実、ご存知ですか?

■1:老眼ってなに?

遠視のように、近くのものが見えにくいのが老眼の特徴で、早くて30代半ば、通常で40代半ばから進行し始めます。
その原因は、水晶体を調節してピントを合わせる筋肉と水晶体の働きに関係があります。通常、遠くを見るときは水晶体は薄くなっています。反対に、近くを見るときは水晶体は厚くなります。
ところが、老眼の方は水晶体の老化が始まり弾力性が失われているため、調節がうまくできなくなっているのです。その結果、水晶体を厚くすることができずに近くのものが見えにくくなってしまいます。
下記の症状がある方は、すでに老眼かもしれません!

(1)目から25cm以内の距離にあるものがぼやける
(2)夕方になると目が疲れて視界がぼやける
(3)涙がしみることがある
(4)頭痛や目の奥の痛み、肩がこることが増えた

■2:今すぐ始めたい老眼対策

若くして老眼にならないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

(1)こまめに視線を移す
近くのものを見てから遠くのものを見るというように、こまめに視線を移しましょう。

(2)目に良いものを食べる
アントシアニン・・・あずき、黒豆、ブルーベリー
ルテイン・・・ブロッコリー、ほうれん草
ビタミンA・・・にんじん、小松菜

(3)パソコンは見下ろす角度に設定

パソコンの画面を見上げて作業をしていると、目を見開くことにより、ドライアイの原因になります。
目の負担を減らすためにも、パソコン画面を見下ろす角度に設定してください。

また、長時間連続して作業することがないように、こまめに休憩をはさんだり、スマホの使用時間を減らすのも効果的です。

最新記事

  1. 2020年夏季休暇のお知らせ
  2. 九州地区の豪雨による配送遅延のお知らせ
  3. 「新型コロナウイルス」の拡大防止に伴う対応について②