ブログ

ブルーライト機能搭載テレビ発売

blog05_photo01

電気代高騰の折、省エネブームもともなってLED照明が爆発的に売れています。確かに電気代節約、長寿命であり、最近では価格もだいぶ手頃になってきました。しかし、このLED照明に含まれている「ブルーライト」という光、人に対して「眩しすぎる」「チカチカする」などの不快感を与えているらしい。

ブルーライト対策はメガネだけではありません。

■1:ブルーライト対策はついにテレビまで

オリオン電機が発売している液晶テレビには、なんと新機能の「ブルーライトガード」が搭載されています。
同機能は、LEDバックライトから発せられる可視光線のうち、波長が 380~485nmの領域の光、つまりブルーライトを低減する機能。長時間視聴での目の疲れを抑制する効果があるそうです。
また、これには光学的なフィルターを使用しているのではなく、ソフトウェア的な制御によって処理されているので、リモコンのボタン1つでオン・オフが可能みたいです。
オリオン電機では、発売する液晶テレビ全機種に、このブルーライトガード機能を搭載していくと発表しています。

http://www.orion-electric.co.jp/jp/series/lx/

■2:オリオン電機という会社

Wikipediaによると
オリオン電機株式会社は、日本の電機メーカー。テレビ、ビデオデッキ、DVDプレーヤーなどの複合製品を得意とする。国内OEMや海外での普及に力を入れている。
自社ブランドでの製造よりも国内外メーカー製品の設計・製造受託OEMに力を注いでおり、国内大手メーカー品も多数手がけている。日本国内、アメリカ合衆国、タイ王国、イギリス、ポーランドに生産工場をもつ。

たしかに家電量販店に行くと「ORION」とロゴの入った液晶テレビをよく見ます。てっきり外国製だと思っていましたが、日本製しかも福井県が本社で1958年創業の老舗でした。

最新記事

  1. 2020年夏季休暇のお知らせ
  2. 九州地区の豪雨による配送遅延のお知らせ
  3. 「新型コロナウイルス」の拡大防止に伴う対応について②