ブログ

せっかくのサプリメントが無駄になる摂取法

blog02_photo01

最近、自分の健康のためにサプリメントを摂っている方が増えています。
でも、せっかくの高価な成分も、飲んだことが無駄になっているとしたら…

サプリメントのNGな摂り方をお伝えします。

■1:飲んだり飲まなかったりはNG

サプリメントに実感が得られない時も、まずは1ヵ月~2ヶ月続けてみてから判断しましょう。栄養分は体内に少しずつ補給され、気づくと「いいかもしれない…」というのがサプリメントの実感です。

飲んだり、飲まなかったりすると実感するのにかなりの時間がかかる場合があります。よって非効率的なのでお勧めしません。

■2:多くの種類のサプリを摂り過ぎ

健康に気を使う人ほど、何種類もサプリメントを併用してしまうようです。市販のサプリメントだと、成分を重複して摂ってしまうことがあります。複数のサプリメントを摂取する場合は、組み合わせや同じ成分が配合されていないことを、裏面を見てしっかり確認しましょう。

■3:タイミングがずれている

サプリメントは食品で医薬品ではないため、飲む時間やタイミングについて薬のように表記されていません。しかし私たちの身体には、より吸収率の高い時間があります。これは体内のリズムによるもので、基本的には、食後と睡眠中が吸収率が高いとされています。ビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンは、比較的早く代謝されるので、こまめに摂取するのがコツ。毎食後に摂取すると身体にプラスになります。ビタミンA、D、Eなどの脂溶性ビタミンは、脂肪分と一緒に摂ると吸収率が高まるので、食後すぐに摂取したほうがよいでしょう。

せっかくのサプリメントも体内のバランスが崩れていると効果を発揮してくれません。まずは毎日の食生活をきちんと整えてからサプリメントを召し上がるのが正解です。

最新記事

  1. 2020年夏季休暇のお知らせ
  2. 九州地区の豪雨による配送遅延のお知らせ
  3. 「新型コロナウイルス」の拡大防止に伴う対応について②