ブログ

夏こそ食べるサングラスを活用しよう!

日差し

こんにちは。
『ひとみの専門店』店長の安間です。

夏も近くなり日差しが強くなってきました。
その日差しとともに、からだに有害な紫外線も増加。

紫外線は『シミ・シワ』の原因になると言われています。
多くの方が外出するとき、日焼け止めはきちんと塗られていることでしょう。

では…

目は保護していますか?

夏場、肌はきちんと保護するけれど目を保護している人は少ないのではしょうか。
欧米人は割とサングラスをかけている人が多いですね。
その理由は瞳の色がうすいためです。
色がうすいと目の中に入ってくる光の量が増えてまぶしいためサングラスをかけるのです。
一方、日本人は茶色の瞳が多いため、わりとサングラスなしでも過ごせてしまいます。
また、サングラスをかける習慣のない日本では、かけていると違和感を感じてしまう方も多くいます。

目の健康のためにはサングラス

でも目の健康を考えるのであればサングラスは必須です。
有害な紫外線は水晶体で吸収され、加齢とともに白内障の発症リスクが上がってしまうのを防ぐためです。
白内障の原因はいろいろありますが、紫外線の影響が一番大きいと言われています。
よって、できることなら日差しの強い日中はサングラスをお勧めします。

どうしてもサングラスが苦手

という方には「食べるサングラス」はいかがでしょうか?
といっても、実際にサングラスを食べるのではなく、それと同様の働きをしてくれる成分を食べるのです。
その成分は『ルテイン』。ルテインに含まれている黄色い色素は抗酸化作用があり、
光の刺激から目を守ってくれる、いわば目の内側にある「天然のサングラス」といえます。
夏こそルテインを活用して目を保護していきましょう。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

ひとみの専門店 店長 安間

最新記事

  1. 2020年夏季休暇のお知らせ
  2. 九州地区の豪雨による配送遅延のお知らせ
  3. 「新型コロナウイルス」の拡大防止に伴う対応について②