ブログ

今話題の目活とは?


こんにちは。
『ひとみの専門店』店長の安間です。

今、目活(めかつ)が注目されています。

◆約8割が目に何らかのトラブルを抱えている!
2016年5月に当社が実施した800名対象のアンケートでは、実に79%の方が本人または周りの人が目に何らかのトラブルを抱えているということがわかりました。


目のトラブルはドライアイ、飛蚊症、白内障、緑内障、加齢黄斑変性症などで、どれも進行するとQOL(生活の質)の深刻な低下を招く恐れがあります。

特に現代人の多くが使っているパソコン、そして若い人の間で普及が進んでいるスマートフォンは生活にとって大変便利な機器ですが、刺激が強く、さらに最近 のディスプレイは省電力のため、バックライトにLEDを使用しており、そのLEDから発生するブルーライトが眼底を直接刺激することが問題視されています。

現在は何も症状が出ていなくても、将来症状が出る可能性があるため、若いうちから目をいたわることが必要です。

◆今、注目が集まる「目活」
終活、就活、婚活など今いろいろな「活」が注目されています。
中でも最近注目されているのは「目活(めかつ)」。見え方に問題を感じつつもまだなにも行動を起こさない方がほとんどです。
まだ初期の段階から目に対してきちんといたわってあげる積極的な行動のことです。

(1)サングラスなどで有害光線を予防
白内障は主に紫外線が原因と言われています。
症状が出ていなくてもできるだけ直射日光をさけ、サングラスなどで予防が必要です。特に、若い頃に紫外線を多く浴びた方は白内障の発症リスクが高まるので積極的予防をおすすめします。

(2)ブルーライトが発生しているものを長時間凝視しない
ブルーライトを発生するスマートフォンは光量が強く、また目との距離が大変近くなる傾向があるので使用に関しては特に注意が必要です。
現代人は「スマホ病」ということ言葉があるくらい、朝起きた時から寝床に入って寝付くまでの間片時もスマホを離さない方が増えています。特に暗い場所でのスマホの使用は目に大変ダメージを与えます。

(3)目活用のサプリメントを活用する
ブルーライトの光から目を守るためには「ルテイン」という強力な抗酸化物質を摂ることが有効です。
「ルテイン」は見るのに重要とされている水晶体と黄斑部にもともと存在しており、目を様々な刺激から守っています。目のサプリメントというと今までは「ブルーベリー」が一般的でしたが、近年は「ルテイン」が注目されており、様々なルテインサプリメントが販売されています。


これから「目活」を始めようと思っている方は問題意識が薄く、深刻に悩んでいる方に比べてサプリを食べる習慣がなかなか身につかないという傾向があります。
目活に最適なサプリの積極的な活用をおすすめします。

目の病気は一旦患ってしまうと、なかなか元には戻りません。そうなる前に「目活」に取り組み予防することが必要です。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

 


ひとみの専門店 店長 安間

最新記事

  1. 夏季休暇のお知らせ
  2. 黄斑変性症のご相談が増えています。
  3. 年末年始のお休みのお知らせ