ブログ

びっくり!あきらめていた大桃美代子さんの視力が上がった!

こんにちは。
『ひとみの専門店』店長の安間です。

 

今日はみなさまにご報告があります!

朝のルテイン&プラセンタをずっとご利用いただいている
女優の大桃美代子さまよりうれしいお知らせがありました。

毎日『朝のルテイン&プラセンタ』を食べているそうなのですが、
コンタクトを作ろうと視力検査をしたところ視力が上がっていたそうです。

ご本人も大変ビックリされてブログにもアップしてくれました。
大桃さんのブログ記事はこちら

普通、視力は年とともに下がっていくものです。

それが上がるのは素晴らしいことです。

視力低下にはいろいろな原因があります。

1.加齢

年とともに近くの物が見づらくなります。
これは一般的には老眼といって目の水晶体を調節する筋力の低下により、
水晶体の厚みを変えづらくなることが原因です。
また、水晶体自体も年とともに弾力が低下し、厚さを変えることが難しくなります。

2.白内障の進行

白内障が進行するとレンズの役割をはたしている水晶体がうっすら濁ってきます。
つまり、メガネのレンズが使っていると脂によって汚れて見えづらくなる状況と似ています。
メガネは曇って見えづらくなるとハンカチで拭いて掃除します。
でも、水晶体は取り出して掃除することはできません。
あくまで、予防と進行を食い止める以外方法はありません。
それ以上進行すると自分の水晶体を壊して人工のレンズを入れる手術になります。

3.ブルーライトの影響

今ではパソコンはどこの家庭にもある家電の一部になりました。
そして、近年ではそのパソコンを追い抜く勢いで普及しているものがあります。
スマートフォン(スマホ)です。
アップルがiPhoneを発売してから瞬く間にスマホが普及しました。
一昔前は電車に乗ると読書が一般的だったのに、今ではほとんどの人がスマホです。

スマホを操作する際、目との距離は大変近くなります。
自分で距離を測ってみました。
パソコンをするときの目との距離は70cm。
一方スマホの時はわずか15cmでした。
この時、目に悪影響を与えるのは画面から発生する「ブルーライト」。
距離が近いほど目への影響が大です。
特に暗いところでの操作は目にとって最悪です。

4.黄斑変性症

急に見えづらくなる場合、この病気が考えられます。
思い当たる方は眼科できちんとした検査を受けることをお勧めします。
黄斑変性症は視野がゆがんで見え、次第に中心部より視野が欠けてくる
恐ろしい病気です。
最終的には失明してしまい、欧米では失明原因のトップです。

見える事は毎日を生活する上で大変重要なことです。
「見えづらいな」という場合は必ず原因があります。

そうならないためにも、日ごろより予防に心がけましょう。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

ひとみの専門店 店長 安間

 

最新記事

  1. 夏季休暇のお知らせ
  2. 黄斑変性症のご相談が増えています。
  3. 年末年始のお休みのお知らせ